【千風(ちかぜ)】さんで本格 味噌煮込みうどんを食べました。




はじめに
この記事では熊本県のお店におじゃまし、店長さんがどういった想い・こだわりを持ってお店を営んでいらっしゃるのかを実際にインタビューし、文字に起こしています。
お店のことや雰囲気がすこしでも読者の皆様にお伝えする場にできれば光栄です。

 

 

今回お届けしますのは読者様からおすすめいただいた、山鹿市鍋田にお店をかまえる【千風】さん。
メニューが味噌煮込みうどんのみというこだわりを感じるお店です。

「え?まじ?」と疑心暗鬼になりつつも、「すごく美味しいお店だからぜひ!」とお墨付きを前もっていただきましたのでおじゃまして取材してきました。

ちなみにいつでもリクエストをお待ちしておりますのでInstagramかお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ!!

 

千風さんに行ってきました。

Googleマップを頼りにナビで向かってみるも、お店っぽくない(失礼)な外観ですこし迷ってしまいましたが、よく見ればのぼりが立ってるんですねー。
足を運ばれる方も、のぼりを目印にされるとわかりやすいと思います。

さっそくおじゃまして、味噌煮込みうどんを注文させていただきます。

 

15分後。

▲味噌煮込みうどん定食 800円。
味噌煮込みうどんをメインに季節の野菜。デザート、お漬物にごまんまでついて1,000円切ります。
うれしいですねー。利益はあるんでしょうか。心配です。

蓋をあけると、赤味噌ベースの味噌煮込みうどんが!
出汁と味噌のいい香りがします。

見てくださいよこれ。何という絵力。夜中に見ちゃいけないやつですよ。

赤味噌に昆布出汁が香るスープは絶品。
熊本向けに、薄めに改良したスープは地元の僕にもよく馴染みます。ちょうどいい濃さ。
たまごを溶かしてまろやかにすると、味が変わって二度おいしい。

うどんを食べたあと、ごはんをスープにダイブさせるのもおすすめ。

すごくおいしかったです。

 

店主 長田英隆 さんへインタビュー

突然の取材の依頼にも快く了承してくださいました「千風」の店主 長田英隆さん。
お店のコンセプトやこだわりをインタビューさせていただきました。
ここからは会話形式でご覧ください。

筆者
インタビューよろしくお願いします
永田さん
よろしくお願いします。
筆者
メニューは「味噌煮込みうどん」のみとお聞きしてお伺いしたのですが、本当なんですか?
永田さん
本当です。
会社が名古屋にあって25年ほど努めていて、定年を期に帰ってきました。
そして山鹿でお店をすることにしたんです。
筆者
おお…!!実質名古屋の味噌煮込みうどんじゃないですか…!!!
永田さん
実際は地域の方向けへ改良を重ねてるんですけどね。麺の硬さやスープの濃さとか。
名古屋の味噌煮込みうどんのおいしさをぜひ皆さんへお届けできたらと思います。
筆者
赤味噌ベースのスープは出汁が効いていてすごくおいしかったですよ!!!
うどんもコシがあって箸が止まりませんでした。
永田さん
ありがとうございます。
筆者
相当なこだわりがお有りなんでしょうね…!?
永田さん
こだわりなんてないですよ。
筆者
またまたー。
永田さん
味噌は名古屋の八丁味噌でうどんの小麦は讃岐うどんで使われているものを使ってるくらいかなー。
あとはうどんを打つときは昆布だしを使ってますね。
筆者
(めちゃくちゃこだわっとる)
永田さん
自分の目が届く範囲で調理ができる限界が4人前までなので、それ以上はすこしお時間をいただきます。
筆者
それをこだわりって言うんですよ!
永田さん
いやいや、ごくごく普通の当たり前のことをやってるだけだから…(照)
筆者
か、かっこいい…!
そういえば、お一人でお店をやられてるんですか?
永田さん
一人です。
永田さん
忙しいときはたいへんですね。
さっきも言ったけど、一人で作れる限界が4人前だからちょっとお待たせする場合もあるんです。
本当に申し訳ないんだけど…。
筆者
手伝いましょうか?
永田さん
いやいや(笑)
筆者
おいしくて、量も多くて大満足ですよ!
ありがとうございました。ごちそうさまでした。
永田さん
こちらこそありがとうございました。

 

アクセス

店名:千風(ちかぜ)
住所:熊本県山鹿市鍋田204
お電話:0968-44-1426
営業時間:11:30 〜 20:00
定休日:なし(臨時定休日あり)

※4名以上でご来店されると、料理の都合上、提供まで少しお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

 

また次回のお店紹介をお楽しみに!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です