【吉次園カフェ】の”あかくま”は新しい熊本名物になりえるかもしれない。




はじめに
この記事では熊本県のお店におじゃまし、店長さんがどういった想い・こだわりを持ってお店を営んでいらっしゃるのかを実際にインタビューし、文字に起こしています。
お店のことや雰囲気がすこしでも読者の皆様にお伝えする場にできれば光栄です。

 

 

今回お届けしますのはほぼ一年中季節のフルーツ狩りが楽しめる吉次園さんが運営されている【吉次園カフェ】さん。
吉次園で採れた新鮮な果物を使用したスイーツが楽しめます。

 

吉次園カフェさんにおじゃましました。

甘い香りが漂うカフェ周辺は、老若男女問わずいろんな客層の人々で賑わいます。

 

おすすめのメニューをいただきます。

▲あかくま。880円。
冷凍し、削ったいちごを「これでもか!」というほど使用したあかくま。カップ部分はすべて削りいちごです。
ジャージー牛乳を使用した甘めのソフトクリームと、甘さと酸味が絶妙な新鮮ないちごとの相性が良く、とにかくうまいっす。
冷凍したいちごだけでおいしいのに、そこにソフトクリーム。罪です。

あかくまの上のフルーツは季節に応じて変化します。中でも6月頃から発売される「もも」が毎年すごい人気とのこと。
リピーターの方も多くいらっしゃるみたなので、6月頃に来店するのが狙い目です!

吉次園カフェ 店長さんへインタビュー

突然の取材の依頼にも快く了承してくださいました「吉次園カフェ」の店長さん。
お店のコンセプトやこだわりをインタビューさせていただきました。

お店のコンセプトは?

店長さん
吉次園観光農園のフルーツを使用したスイーツを提供しています。
一年中採れる果物が代わり、季節によって様々なフレーバーをお楽しみいただけます。

出店までの経緯は?

店長さん
カフェはオープンして4年なんですが、観光農園は約30年を迎えます。
できたてのフルーツをその場でおいしくスイーツとしてお届けしたいという思いで、カフェを開きました。

こだわりは?

店長さん
使用する果物のほとんどが吉次園で採れたものを使用しています。
ソフトクリームは南小国のジャージー牛乳を使っていて、可能な限り熊本の食材を使い地産地消にこだわっています。

自社栽培にこだわったフルーツはとてもキレイでおいしかったです。
お忙しい中ありがとうございました!

アクセス

店名:吉次園カフェ
住所:熊本県熊本市北区植木町木留1033-1
お電話:096-273-2544
営業時間:<3月〜10月 10:00 〜 17:30><11月〜2月 11:00〜17:00>
定休日:第三水曜日(変動あり)

また次回のお店紹介をお楽しみに!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です