SAKODA(サコダ)の全自動リクライニングソファーのおすすめポイントをご紹介!レビューします。




今回は我がウェブマガジン「soon」の編集局長でもあり、当社グループの代表取締役社長の新築マンションを訪問し、おしゃれな家具の商品レビューを行いたいと思います!

まず初めは総革張りの二人掛けソファー。

大人二人が座ってもゆっくり、くつろげる広さですね。

 

ベージュ色のソファはまだ新しく革の匂いがします。
ただこのソファ。一見見た目はおしゃれな普通のソファーに見えますが・・・

なんと!!

電動リクライニング機能付きです!しかもオットマンまで全自動!

とてもリラックスできそうです。

これで映画なんか見てたら寝ちゃいそう・・・

でもリクライニングのコントロールボタンが見当たりませんが??どこに付いているのか???

社長:ここだよ

どこ?全然わかりません。座面と肘置きとの間に手を入れたら・・・ありました!

見た目だけでは全然わかりません。
販売店曰く、見た目だけでは電動リクライニング機能付きという事が判らないように設計されているそう。
配線も左右どちらからでも出せるので、コンセントの側に設置したらのぞき込まない限り電動リクライニングソファーだとは気づきません!

このソファーのいい所、まず座り心地。硬すぎず、柔らかすぎず、とてもいい座り心地です。
体全体を包み込むような感覚を覚え、とてもリラックスできます。電動リクライニング付きソファーは欲しいけど、「配線が嫌だ」とか「コントロールボタンが嫌だ」と言うかたにはとてもお勧めだと思います。
リビングをスマートに、そしてスッキリ見せたい方は購入を検討されてはいかがでしょうか?ちなみに社長は熊本の宇土市にあるSAKODAホームファニシングで購入したそうです。馬場家具製のオーダー商品になる為、納期まで数週間かかるそう。

お値段はサイズや材質でも変わるそうなのでSAKODAさんにお尋ね下さいとの事。
機械商品の為、故障のリスクも有りますがSAKODAの店員さんのご説明によると「当店で展示している馬場家具製のソファーは、もう何年も展示していますが、一度も故障はありませんし、展示品の為リクライニングの使用頻度も一般家庭よりも格段に多いのに故障がない。やはりMADE IN JAPANだと思います。」とのこと。この説明を受け、社長は購入を決めたそうです。

平成も終わり新たな時代が訪れます。令和という新時代を新しいソファー共に迎えてはいかがでしょうか?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です