【ヤマノテ】さんで地元 山鹿市のモノについて教えていただきました。




はじめに
この記事では熊本県のお店におじゃまし、店長さんがどういった想い・こだわりを持ってお店を営んでいらっしゃるのかを実際にインタビューし、文字に起こしています。
お店のことや雰囲気がすこしでも読者の皆様にお伝えする場にできれば光栄です。

 

みなさんって地元のことをどれくらいご存知ですか。

僕は正直まったくわかりません。27年間おなじ街に住んでいてなお、道に迷うほどです。
地元のお祭もいまいちピンとこないものもあったりして、観光客の方のほうが詳しかったりする場合もあります。
このブログをはじめて地元のいろんな場所にアンテナを張ることによって、新しい発見がたくさんあります。

観光もいいですけど地元をもっと知るって大切なことですね。

さてさて今回は主に地元のモノ・雑貨を取り扱っていらっしゃいます「ヤマノテ」さんにおじゃましてきました。
ヤマノテさんへの取材を通して地元のいろんなことを知るきっかけになったのでご紹介します。

 

山鹿の手のもの、てんこもり「ヤマノテ」さんにいってきました。

山鹿市の豊前街道をしばらく進むと右手に見えます。
ちなみにGoogle マップだと位置が少しずれています。豊前街道駐車場から画像を参考に周囲を見回せとすぐに見つかると思います。

▲ヤマノテさん入り口。店内に入るとアロマディフューザーからものすごくいい香りがします。

▲アロマディフューザー「かぐわし あやめ(左)もえぎ(右)」。
アロマはグレープフルーツ至上主義なんですけど、あっさり超えましたね。甘さと爽やかさが絶妙ですごくいいに香りです。
山鹿市の伝統工芸「山鹿灯籠」を使用しデザイン性も非常に高く、どんなインテリアにも合います。
嬉しいことにオンラインでも購入できます。ご購入はこちら

▲TouRouシリーズ。
「金灯籠」の先端部分をモチーフにしたオブジェ。日本に9名しかいない「山鹿灯籠師」の方がひとつひとつ手作りされています。
山鹿灯籠は和紙と少量の糊のみで作られた伝統工芸品です。ヤマノテさんの和紙製品はすべて山鹿灯籠製。
見るだけでも、思わずため息が出るほどの美しさがあります。

他にも工芸品の「来民うちわ」や山鹿市で作られている食料品、衣類、陶器などなど様々な品があります。

地元にもいろんなものがあるんですねー。勉強になります。

ヤマノテ 店長 冨田京 さんへインタビュー

活動の理念やこだわりをインタビューさせていただきました。
ここからは会話形式でご覧ください。

筆者
どのようなコンセプトで「ヤマノテ」さんを出店されてるんですか?
冨田さん
山鹿の手のもの、てんこもりというキャッチフレーズでこの「ヤマノテ」を運営しています。その名の通り、地元「山鹿市」のモノの認知をもっと広めたいと思っています。
中には他の地域の民芸品もあるんですけど、ほとんどが山鹿市のモノなんですよ。
筆者
なるほどなるほど。
僕も地元が山鹿なんですけど知らない商品がたくさんあります。
冨田さん
地元でも知らないものもたくさんありますもんね。ちなみに紅茶を初めて製造したのは山鹿なんですよ。
いろんな場所の商品がありますが、地元にもこんなにいいものがあるんだ!という発見をお届けしたいですね。
筆者
初めて知りました!民芸品から食料品まで幅広いですね。
商品の選定にも相当なこだわりを感じます!
冨田さん
地元の「手仕事品」にこだわっています。
旦那さんが「山鹿灯籠師」なので山鹿灯籠を使った品もあるんですよ。
山鹿灯籠踊りの金灯籠のイメージはみなさんお持ちですが、もっといろんな表情をたのしんでいただきたいですね。
筆者
ばっちりそのイメージでした…!すごく勉強になります。
どういった経緯でヤマノテさんを出店されたんですか?
冨田さん
大学生の頃「地域学」を専攻していて、もともと山鹿灯籠の美しさや山鹿市の良さを広めたいという思いがありました。
「地元のモノを集めたセレクトショップってもうあるんだろうなー」なんて考えて調べてみたら、なかったんですよ!
なので思い切って自分で出店しました。
筆者
すごいです!
自分の好きなものを伝えたいというエネルギーは想像よりもパワーがあるのかもしれないですね。
冨田さん
そうかもしれないです。
おかげさまでたくさんのお客さまがいらっしゃいます。
「へーこんなものもあるんだー!」とか「初めて知りました」なんて声をお聞きすると嬉しいですね。
筆者
僕今日何回も言ってますね(笑)
冨田さん
ありがとうございます(笑)
筆者
本日はお忙しい中ありがとうございました!
冨田さん
こちらこそありがとうございました。

 

アクセス

店名:ヤマノテ
住所:熊本県山鹿市山鹿1375
お電話:0968-41-8405
営業時間:10:00 〜 17:00
定休日:火曜日・水曜日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です